日本から世界の空に産業革新を起こす!「24時間航行可能なドローン」のコンセプトを発表

【プレスリリース】ドローン技術インテグレーターのアイ・ロボティクスは、24時間航行可能な無人航空機を利用したサービスモデルのコンセプトを発表しました。

~~~~~~

3月29日(水)、ドローン技術インテグレーターのアイ・ロボティクスは、東京国際展示場(江東区)で行われたベンチャー企業の祭典Slush Tokyo 2017において「24時間航行が可能な無人航空機(ドローン)」のコンセプトとそれにより実現される空のインフラを利用したサービスモデルのコンセプトを発表いたしました。

Slush Tokyo 2017 URL: http://tokyo.slush.org/

 

24時間航行可能ドローンのコンセプト画像

 

コンセプト概要

24時間航行可能ドローンは、サイズにして2m四方のサイズを想定、通常のドローンよりも高い、高度300mから3000mでの航行することを想定しています。最先端の技術を結集して高効率を追求することで、24時間以上航行可能なドローンを開発し、衛星と地上付近のドローンの間を埋め、人類規模の課題解決を図ることができる物理的なインフラを構築しようとするコンセプトです。ドローン技術インテグレーターとしてのアイ・ロボティクスは現在に至るまで、このコンセプトの鍵となる代表的な技術の開発と発掘を行ってまいりました。今後も引き続き開発と発掘をパートナー企業様と一緒に行ってまいります。弊社では、このコンセプトを実現するため、バッテリーの数十倍の航行を可能にする金属型燃料電池やマルチGNSS、有人機ともコミュニケーション可能な管制システム、VTOL型機体制御ソフトウェア、人工知能プラットフォーム、高性能カメラ・センサー、ブロックチェーンを利用した飛行許可認証システムなどの技術を特定し、検証を行っています。

 

可能になるサービスモデルとグランドチャレンジ

24時間航行可能なドローンの実現は夢物語ではなく、すでに予測される近未来です。この機体を一機10万ドル以下(目標値)で生産できるようにし、数千~数十万の機体が常時地球の上空をカバーすることにより、衛星と地上レベルのドローンの間を埋める効率的かつ安価な全地球型物理ネットワークを構築することができます。また、積載物を積み替えることも想定しており、垂直離発着ができるドローンの利点を生かして超長距離物流を行うことができます。弊社ではこのコンセプトを実現し幅広くインフラとして開放することにより世界人類規模の様々な問題が解決できると考えております。

・地球環境のモニタリングによる環境問題の対応
・海洋資源調査への利用による資源問題の解決
・外洋上への船への物資(レスキューキット等)搬送
・災害、遭難等への迅速な出動、上空からの管制
・アフリカや中央アジアにおける食糧問題の解決
・地上レベルで作業をするドローンやロボットの管制
・報道への利用、等々

 

また、アイ・ロボティクスは、このコンセプトに賛同・ご支援いただける企業様との広範な提携関係を模索しています。そのために、「日本からシリコンバレーまで、約8,000キロを飛行させるドローンを開発し、太平洋横断飛行を数年以内に成功させる」という目標をグランドチャレンジとして掲げています。技術的なブレークスルーや法規制などもありますので、弊社単独は到底なしえるものではありません。日本発の世界レベルの空の産業革新を起こすべく、オールジャパンで協力していければと切に願っております。

 

アイ・ロボティクスは地球人類規模の課題を科学技術で解決するために、昨年10月に北海道で行われたJapan Innovation Challengeでの優勝を機に、11月に設立いたしました。設立直後に個人投資家の千葉功太郎氏に第三者割り当て増資を行っています。現在、シードラウンドを行い、幅広い投資家様からの支援を募いつつ、我々の夢に共感していただけるメンバーの採用を積極的に行っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です