最新情報:商用・産業用ドローン市場調査レポート無料配布中

商業用・産業向けドローン展示会が開催されました

先般”COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2107″が、ベルギーのブリュッセルで開催されました。
弊社の特派員が現地に赴き、最新の商業用・産業用ドローンの動向をまとめましたので、報告致します。

COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2017 ヘッダー画像
出典:COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2107

開催概要

 

展示会名称
COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2107
開催日
2017年6月20日(火曜日)から22日(木曜日)
出展社数
52社
来場者数
約500名以上(50カ国より参加)

 

議論の的は、各国バラバラの規制状況と、規制の統一

開催直前に発表された、EU域内での統一規制

本展示会が開催される数日前の6月16日(金)に欧州連合が、高度150メートル以下の空域でのドローン飛行に対して、EU全体で統一的に適用する規則を定める枠組みの青写真を発表しました。
2019年までに、ドローンの機体、およびパイロットに対して登録制を実施し、既存の航空管制システムにドローンを統合していくことをねらいとしたものです。
こうした状況で、同時開催のセミナーでは、2019年に向けて欧州28か国がどのように規則を統合しEUのドローン市場の統一を図っていくのかという話題が大きく取り上げられていました。

明らかにされた各国の違い

規制が厳しいのはベルギー、ドイツ、フランス、オランダ

ドローンの機体やパイロットの免許などについて、現在の欧州各国ではかなり大きな違いがあるということが分かりました。特にベルギー、ドイツ、フランス、オランダのドローンの規制は非常に厳しく、新たな活用分野におけるテストは研究開発で許可された一部の大学や研究所でのみ許されているようです。

今開発が進むのはイタリア

規制が緩和されているイタリアでは、様々な分野での開発や導入が進んでいます。
特に今回の展示会の中で、イタリア企業によって取り上げられたインスペクション用ドローン(風車やタワーなど大きな建造物への検査、点検用ドローン)も、既に実用化されて販売されています。

各国の課題は、免許・許可

免許の問題も深刻で各国でのルールが全く違うためにいくら有能なパイロットであっても、それぞれの国の地形や状態などに精通していなければならず、同時にその国の免許をもっている者でしか操作できない。特に国境付近における地形データ収集の際には、二つないし三つのルールが混在することもあり困るそうだ。

農業用ドローン最新動向

農業に特化したソフトウェアやサービスの提供に関しては、3社出展していました。
その中でも、本レポートでは、セルビアのAgremo社を詳細に解説します。
agremo社解析フロー図

調査・点検用ドローン最新動向

調査・点検用ドローンも、3社強く打ち出している会社がありました。
ドローンによる調査・点検メリットは、火力発電所や風力発電所などの施設であっても、停止させずに点検できることにあります。
本レポートでは、この3社を取り上げ、解説します。

建築用ドローン最新動向

建築用ドローン分野では、スウェーデンの1社が出展していました。
土地の3Dマップを簡易に作成できるドローンならではの建築用ソリューションです。

本レポートについて

上記レポートの他、”COMMERCIAL UAV EXPO EURO 2107″で開催された様々な展示、セミナーの内容を26ページにわたりレポートにまとめています。

商業用・産業用ドローンの動向をお調べになっている方は、下記ダウンロードフォームにご記入の上、ご覧下さい。

最新レポートのダウンロードはこちらから

以下のフォームに必要事項を入力し、”送信”をクリックすると、確認メッセージが表示されます。
その中にある、リンクをコピーし、アドレスバーに入力すると、ダウンロードが開始されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です